Libero come un gatto

ゆるゆると生き長らえたい、イタリアの猫のように。

そして雪山へ

今は島根県は大田市に来ております。

ちょっとした調査です。

朝6時半に起き、8時の新幹線に乗り、着いたのは12時。

山陰地方は思ったより遠いです。

豪雪です。雪で作った球で遠投しました。


私は元来雨男なんですが、最近は大雪を降らす雪男に進化したようです。

まるでポケモンだね!

そんな声も聞こえてきそうですが雪男という名前では子供たちの心に響かないので、

ここはあえてスノーマンと名乗ることで、

皆様の心をホッとさせる存在でいたいと思います。


さらに、内から湧き出るチャレンジ精神に素直になれば、

中国地方という事でヒバゴンと名乗ればレア度は激烈上昇!であります。

広島県人には馴染み深いヒバゴン。(たぶん)

私が初めて見たのは吉田戦車のプリプリ県だったと思います。

衝撃的でしたね。もうなんだコイツはやはりテンションも激烈上昇!でありました。


分からない人にはまったく分からない話ですね。

ヒバゴン?吉田戦車?プリプリ県?え、え、なに?みたいな感じです。

冷静に読んでみると意味不明。

でもなんとなく味わい深い響き。興味はあるけど人には聞きづらい・・・。

微妙な空気を作ってしまいました。


当初書こうと思っていた内容は2割しか書けませんでした。

本当はもっと面白い話だったのに、とは言いませんが近いうちにまた会いましょう。

最後に、雪です。
ゆき

あんあん

ええ。確かに。

帰ってきてます。もう大分前の事ですね。


イタリアに行って帰ってきましたが、もうそんなことはどうでもいいんです。

書き出せばきりがないので追々書いていくことにして、

もっと重要なことは日本にあるんだ!ってことです。


イタリアに行っている間に「柳のように打たれても倒れない福田内閣」と私が命名した福田内閣はあっさり解散し、「悪顔の麻生」こと麻生内閣が出来てました。

まあ、蒼井さんが岡田君とくっついたりとか。

色々ありました。


が、そんなこともどうでもいいんです。

ポイントとなるのはジュンク堂。

店内のレイアウトが変わったんですね〜実は。

かなり前らしいんですが本当は。今日行ってきました。

で、何が変わったか。ここが大事です。

実は以前のレイアウトにはどうしても不満があったのです。

それも1階に。

近しい人には話したことがあるかもしれませんね。


1階は雑誌が主です。

私が読む雑誌といえば、

パソコン・デジカメ関連、

デザイン・建築関連、

サブカルチャー(宝島社とかの日本全国ヤクザ抗争!みたいなやつ)関連、

科学(ニュートンとか)関連、

それと女性ファッション誌ですね〜。

特にananですね〜。今週は堀北真希ですね〜。


以前のレイアウトは女性ファッション誌のコーナーが柱の関係で袋小路に位置していたのです。

つまり!

そこに行くのは女性誌を読む人だけ!

なんか知らんけど女性が溜まってウヨウヨしてる!

男性の私としては一人では非常に入りにくい空間だったのです。

ananはすぐ近くに、手を伸ばせば届きそうな距離にあるのに。

その勇気が出ない。

結局1人で入れたことはありません。

以前付添いの方のおかげで5メートル中1メートルぐらいまでは入りましたが。


それが、今回のレイアウト変更で袋小路ではなく広々とした通路となったのです。

1階にあった眼鏡屋さんの移転によりスペースが広がったんでしょうね。

もう女性誌コーナーに入り易いったらありゃしない。

スイスイのスーイでした。

今日は貪るようにanan読んできました。

それも先週のを。福山雅治のを。

あなたはSかMかみたいなやつで、堂々としている私は長々とチェックシートまでやり始める始末。

結果は私はSで女性的で、魔性の女タイプでした。

「彼が私に興味ないなんて有り得ない!もうっ!」みたいなキャラ。

そんな私の隠された本性が暴かれるに要した時間は約10分。

目は真剣でした。

最近のチェックシートは細かく分析しようとして長々とチェックやらせるから面倒くさいですね。


ああそれと、特集に「おこめLOVE」っていうのがあるんですが、

見た瞬間オイオイって感じでした。放送禁止だぜananとか思って。

危なかったですね。もうギリギリ。

「お米LOVE」にしてカルフォルニア米を薦めてくれたら、山田君〜って言いたくもなるんですが、そこまで上手くはなかった。


まあこんな感じの日常です。

今気になることは、グレープフルーツジュースを飲むとなぜ体が熱くなるのか。

当分はこれをテーマにしたいと思います。

今日の所はこの辺で。

失礼いたします。

ごめんください。

そうそう、今日イタリア行きます。

タイトルの通りです。


あと2時間後に出発です。


7時ぐらいに福岡から成田に行きます。


成田からは13時ぐらいに飛びます。


え?お見送り?ありがとうございます。


帰りの電車賃ぐらいは払いますから、東京っ子はお昼に成田に集合だ!


そして成田から私は空の人。


12時間後には昔中田英寿の所属したペルージャにいた「孤高の黒い弾丸BA」ことフランス代表候補、「イブラヒム・バ」とはまったく関係のない土地、ローマです。

ちなみにイブラヒム・バさんは「サッカー界のデニスロッドマン」とも呼ばれているそうです。

あ〜言われればね〜、似てるだね〜


ローマには2週間ちょい滞在します。

んでオスティア遺跡の調査します。

2年前にポンペイの調査をしたので完全にそのノリですね。

調査にノリがあるのかって?

もちろんありますよ、そこにはノリがEXIST!。

略してノリEX!

近鉄バッファローズのいてまえ打線に使えるな。

俺たちにはノリがいる!のように。


まあそんなこんなで調査準備が大変なわけで、私の一番の仕事は調査機材をイタリアに持ち込むことですから、ローマ着後は「オレvsイタリア税関」の戦いが始まるのです。

理論武装と熱意で日本人の誇りをかけて突破してきます!


調査後は南イタリアから北イタリアまでのぶらぶら旅。

パーソナル聖地、スカルパのブリオンベガ墓地にも行く予定です。


「あ、いまディテールの所に神様がおった!」

と言ってみます。やはり宿っているでしょう。神は。スカルパのディテールに。

あと、コルビジェの名言。
「これは美しすぎて建築ではない!」も言えるように頑張ります。


帰国は9月の末です。

あ、そうそう。
やっぱり海外行くなら懐中電灯は外せない!ってことで新しいのを買いました。

信頼に足るブランドGentosのSG305閃です。

もうなんてったって明るい。夜中なら余裕で50mぐらいは照らせます。
たぶん100mでもいけそう。
最近のLEDの進歩はすごいですね。


進歩といえばIntelが無線電源を発明したそうですよ。
コンセントのいらない時代が来るかもしれませんね。


で、これは「夜中に照らせば全速力で走れます」という書き込みを見て即決。

あ〜満足のいくお買いもの。2980円。


時折こういう類のものが欲しくなるんですよね。

アタッシュケースとか。

工具箱とか。

レンチとか。

アーミーナイフとか。

うんうん。
最近ではめちゃくちゃかっこいい着火装置を見つけて大興奮。

マグネシウム合金のプレートみたいなやつ。
それを削って積んでおいて、ナイフと火打石を擦って火花から着火するという代物。

デザインも無骨でいいんですよ。質実剛健って感じで。


ん?そういえば、マイPC「Thinkpad」は質実剛健。

買ったLedライトも無骨な感じの質実剛健。

マイバイクEliminator250LX(最近故障して修理しました。42000円なり!え〜。)も質実剛健。

イブラヒム・バも質実剛健。(たぶん)


あ〜オレは質実剛健が好きなんだ。な〜る。

オレにプレゼントをあげるときはそういう方向のものなら大丈夫ですね。


結論が出た所で、そろそろ仮眠をします。

冒頭であと2時間と書きましたが1時間になってしまいました。

では皆さん、一ヶ月後に会いましょう。会える人は会いましょう。












久々の衝撃

いやぁ、久々に驚いて興奮してしまいました。


さすがGoogleさんですね。やってくれます。


人がやれないことを平然とやってのける!

そこにシビれる!憧れるぅ!


ですね。


GoogleMapの進化版。Googleストリートビューをご存じでしょうか?

要は道路周辺の写真を貼り合わせたものを、GoogleMap上に貼り付けたものなんですが、なかなかその精密さには感心します。


これは結構前からあるサービスで、アメリカの大都市のみのサービスだったのですが、この度日本バージョンが出来まして、私は興奮しているわけです。

全然知らないアメリカの道路が見えようと、フーンって感じですが、東京とか大阪の自分が知っている街の風景を見ると衝撃は桁違いです。


画面はこんな感じ。
v










これは皇居の内堀通りから東京タワー方面を見たものですが、視点は360度全方位見れます。太陽も拝めます。

道路の方向をクリックすることでその方向に進めます。

分かり易く言うと、全方位の写真を貼り付けた球形のドームが連続して道路上に置いてあって、その中を渡り歩くようなイメージ。

試しに某巣鴨に住む友人宅や大阪の蒲生に住む友人宅を探すと発見できました。

某巣鴨宅は結構入り組んだ路地にあるんですが、ちゃんと撮れてるんですね。


賛否両論ありますが、私は嫌いじゃない。


Googleのこの世の全ての情報データ化計画の一端でしょう。

いずれは本とか雑誌を全てデータ化するらしいですよ。
もちろんOCRを使って、文中の単語を検索出来るようにするとかなんとか。


嫌いじゃないといってものの、若干の狂気を感じざるを得ないですけどね・・・

何度目だ。4度目だ。

もうかれこれ4度目です。

何度行っても飽きないところが大自然の雄大さか。懐の深さか。

包まれたい。いや、うずめたい。



「うずめたい、白まゆの泡のようなきみ



抱かれたい君の潤いに。



抱かれたい・・・」



野崎島に・・・。


行くたびに新しい発見があります。

トンビに近づけるスポットや海の中にある飛び込み台やシカの白骨死体など。

次行けるのはいつかしら。


40年後とかにみんなで行けたら最高ですな。


いうう













写真は我が研究室伝統のエロトランプで七並べに興じる我々。

モザイクなしのパツキンさん達が52人並ぶ姿は圧巻の一言。


もう一枚はバーベキュー中の幻想的な一枚。
なぜか煙が緑に写るんよねえ。
プロフィール

ケニー

  • ライブドアブログ
アクセス解析タイ・バンコク情報