Libero come un gatto

ゆるゆると生き長らえたい、イタリアの猫のように。

2009年11月

私の連休の足取りを追う企画 その2

前回に続き私の休日の動きを追います。

大宰府は3度目ですかね。
お参りとおみくじぐらいはやっておきました。

結果は、吉です。
「お前今マジいい感じだから、このままフローに乗っちゃいな!」
って内容でした。
DSC_4249-1
おみくじ自体がカラフルでポップな感じになっていました。
かわいいのかどうなのか。

狛犬も表情が様々でこいつが一番気に入りました。
DSC_4254
前掛け?が強そう。あと角が隆起火山のようでチャーミングですね。首が太いから横Gにも十分耐えるだろう。

その後は猫を盗撮したり、梅が枝餅を食べたりでした。

夜は我がフットサルチーム・ピロティの最終戦ということで参戦。
総勢15人という謎のボリュームで挑んだ我々は見事に勝利。
私もなぜかチームの2点目を決め、5−4の勝利。
いいチームになったもんだなあ。またそのうちひょっこり現れます。

どうしても金田一少年の事件簿が読みたくなったので、ネットカフェに泊まる。
金田一少年を10冊ほど、闇金ウシジマくんを1冊、バキを3冊読んで就寝。
ウシジマくんは読む度にブルーになるねえ。ファッション中毒者の話でいつも通り悲惨な感じです。
バキの最新刊では、ピクルという原始人と戦う際に、蟷螂拳とか猿拳とか動物を模した拳法を一通り披露した後、最後に出したのは、
「あ、あれは、トリケラトプス!!!」
はい、爆笑。やっぱ板垣さんスケールでけー。

翌日のお昼は某K嬢と某哲子とキャナルでランチ。
最近オープンしたお店へ。店長はサッカーの中澤をEXILEに入れた感じ。
料理は美味しゅうございました。モツと餃子のお鍋みたいなやつ。デザートのきなことパンナコッタも予想以上に美味しゅうございました。
ただ、接客(オペレーションと言うらしい)はまだまだでもうちょっと頑張ってほしい。

帰りのバスまで5時間あったので、映画を見ることに。
なにを見るかと言えば、当然「沈まぬ太陽」ですね。
少し開演まで時間があったので某哲子とお茶。長澤まさみの「曲がれスプーン」から我がプロフェッサーの特殊能力、スプーン曲げの話へ。
「実は私には超能力があるんだ・・・」から始まる衝撃の独白は今でも忘れられない。

某哲子と別れ、映画。ポップコーンはやめておいた。私にしては珍しい。
平日の昼間、社会派の重い内容、渡辺謙となれば当然のように年齢層は上がり、間違いなく最年少でした。
映画は過去に原作を読んでいたこともあって、すんなり受け入れられましたが、原作のボリュームがすごいので、3時間半使っても1つ1つの話を上手く掘り下げられていない印象でした。詳しい話はいずれ。

なぜかその後キャナルで泡だて器だけを買って、博多バスセンターからバスに乗り込みました。
高速道路で追い越したトラックに「三友商事」と書いてあったので、さっきの映画のせいで、「あぁ、三浦友和かぁ。」と妙に納得して眠りにつきました。

夜11時に帰宅。
明日も休みだわーいと安心しながらまた寝ました。

以上で、私の休日報告を終わります。
いつもの事ですが、意味のない事にお付き合い頂いてありがとうございます。

私の連休の足取りを追う企画 その1

会社が4連休です。わーい!
なんかやるっきゃないってことでとにもかくにも福岡へ。

誰にも求められてはいませんが、この連休の私の行動を逐一報告します。

とにもかくにもバスに乗り込み土曜日のお昼に福岡入り。

昨年に修復・復元工事の完了した福岡県公会堂貴賓館へ。
これは明治43年に第13回九州沖縄八県連合共進会のための接待所として建築されたそうな。修復する前に一度行ったきりでした。
DSCF0363
修復された建築を見ると思うけど、本当に色彩って難しいね。

ここに最近レストランが入ったとの噂をキャッチしたのだ。
行ってみると、オープンテラスには外国人さん家族とインテリおじさん外国人。
まさにサクラのような彼らに驚くも入店。

ちなみにこのおじさんは後から思いだしたところ、HONDAのフリードのCMに出てくる。「This is ちょうどいい コンパクト」のおじさんに似てた。

お店は本当に洋館らしくいい雰囲気で料理も若干ボリューム不足ですが美味しく、長くいたくなるような場所でした。ランチは950円。
貸し切りも出来るみたいなので、今年の研究室の追いコンを歴史研らしくここでしたらいいんじゃないの?先生も満足だろう。

そのあとは兼ねてから欲しかったメモスタンドを購入。
イタリアでダックスフンド型ブックエンドを買い損ねて以来、いいと思ったものはすぐ買っとけ!と心に決めております。
DSC_4273
で買ったのがこれ。相変わらず趣味が渋い。高級感があるのに安い。
満足である。ちなみに横にあるのが貴賓館のポストカード。

晩御飯は肉食いたいぜーってことで赤坂のステーキハウス、ウェスタンへ。
これまでは肉の量は4オンス(112g)しか食べたことなかったのですが、私も社会人だってことで6オンスを頼みました。1580円。
ご飯と肉の残存量管理能力、通称肉マネージメントは格段に楽になり、肉二切れを同時に食べるというフグ刺し喰いも敢行。満足満足。

そして次の日。レンタカーを借りて目指すは三瀬峠。

目的:そばに舌鼓・温泉・りんご狩り・動物と戯れる

稀にみるどしゃ降りのため、目的の後ろ二つは断念となった。
特にりんご狩りは400円で食べ放題というリンゴ好きには垂涎もののプライスで、持って帰れないなら現地でジュースとかジャムを作ってやろうかってな勢いだったんですが・・・
しかし、そばは美味しいね。
「むくの木」やったかな?1500円の山菜天婦羅とざるそばのセットしない店だけど、非常に美味。
DSC_4229
栗の渋皮煮、平茸、紫蘇、むかごなどの天婦羅。

DSC_4230
おそば。卵焼きの存在が謎だが、これも美味しかった。

DSC_4231
最後は抹茶と芋あんとあんこの和菓子。


この後、三瀬峠を後にし、鳥栖のプレミアムアウトレットに行ったのですが、何も買わずに1時間でスルー。そして一路大宰府へ。

長くなったので続きは今度。
プロフィール

ケニー

  • ライブドアブログ
アクセス解析タイ・バンコク情報