博多廊へ行く。


天神のとあるビルの5階へ。


女将と小粋なバーがお出迎え。


とりあえずビール。


やたらと上手いぞこのビールはゴラァ!
プレミアムモルツのなかでもいいとこですな。

きっといいドラフトマスターがいるに違いない。


つきだしは鯛の皮のなんとか。これはまあまあ。


そして突如茶碗蒸しが御到着。
とまどう私。頼んではいない。いや、しかし旨そうだ。

躊躇している場合じゃない!気づいたら相棒は食ってる!

たまらず食う!味王が飛ぶとすればこのような味か。
こんなに上手い茶碗蒸しがあったとは。


イカ刺しを頼む。
最近はあまり獲れなくなっているらしい。
店員さんは地球温暖化の話を持ち出し、解説。
おいおいグローバルだぜ、ここの店員さんはYO!

さつま揚げを頼む。
え!一粒200円?
しかし、この牛蒡の香りは・・・。旨いんだこれが。
ケチャップと思ったら梅肉というサプライズ付き。

豚のステーキ?を頼む。
添えてある芋を食う。これが熱い。あり得ないくらい熱い。
底面は熱が逃げにくいんだ!完全なる盲点。

ジャンボアスパラのバター焼きを頼む。
確かに旨いが、それほどジャンボではない。
看板に偽りありか?だが旨い。でも980円。

いかなごの天婦羅を頼む。
やはり九州と言えばいかなごですね〜
サクサク感を楽しむ。

そして馬刺しを頼む。
タンとレバーの馬刺し盛り。
8枚で盛りなのかという疑問を抱え、口へ運ぶ。
やたらとうまい、このレバー。決め手は藻塩ですね。


お会計をお願いします。

ぬ、一人6000円。

ぬぬ、つきだしが一人1000円。

あれだけの料理なら当然と言えば当然だが・・・。

思わず、ガバスは使えますか?と聞きそうになる。


また行きたいですな。

茶碗蒸しだけでも食べに行きたい。