今は橋の図面書いてます。


福岡の重要文化財の鉄骨橋。


鉄骨の納まりが分かりません。


いや、自分が木造やRCの納まりを理解しているとは思いませんが、

こんなに鉄骨の事を分かってなかったのかと愕然。


70年以上前の橋やから、もちろん現在の鉄骨とは別物なんだけど・・・。


それでもよく分からん。


そもそもH型鋼やI型鋼なんてないから、山型鋼と溝型鋼でなんとかする。


溝型鋼を向かい合わせて、鉄板のブレースみたいな斜め材で編むようにして断面2次モーメントを高める。

なんとか手に入るもんでなるべく剛性のある四角い断面を作ろうとした努力はよく分かります。


でもその分、部材が増えて隅部の納まりが複雑に。


なかなか手本がないから、考えて想像してなんとかするしかないってとこが難しい。

まあ、またそこが面白かったりするんだけども。


建築でもなんでも、作った人のアイデアや努力を自分がトレース出来るってのはなかなかいいもんだ。


後輩君たちもそこら辺を分かってもらえると、図面作業も辛いだけじゃないんだがねえ。