公共空間でのマナー向上が叫ばれる中、広島から福岡に向かう途中3人の猛者に会いました。

(マナー向上を「マナ工場」と打ち間違えて聖剣伝説2を思い出しました。自らの存在が消えると分かっていながらも敵を倒すことを決意するポポイの姿に涙したあの夏を・・・)

得意の脱線。


一人目。「その女は小顔を望む」

金曜日の朝のバスだったので空いていました。バスに5人ぐらい。
学生のような雰囲気の若い人たちばかりです。

適当に座ったところ、通路を挟んだ斜め後ろの席にちょっとギャルっぽい。女の子がいました。

顔は普通だが態度がでかいぞ君、と思いながらも何も考えずに読書。

サービスエリアに着きました。さあ降りようとする時、ちょっとしたものが目に入った。
片づけ出来ない女よろしく隣のシートにかばんの中身をぶちまけるその女。
携帯やら財布やらの中にアレが。
img55786489

これです。いやいいんですよ。別に持ってても。
現に流行っていますし。

「あ、やっぱそうゆうの気にするんや〜」ぐらいでした。その時は。

バスは進み、私が降りる小倉駅。いそいそと荷物をまとめ、さあ降りようと横を向いた時。

やってました。

2つのローラによって挟まれた少女の顔はお世辞にも美しいとは言えず、ただでさえ普通の顔は減点を免れず、目と目が合った日にゃ、こっちが悪いみたいな気持ちにさせられ、思わず「さっきより小さくなったと思う」とか言いそうになり、気まずいままバスを降りました。

なぜ、そのタイミングでするかね。私のいそいそぶりを見ていなかったのか?
「別にパンツ見られても気にしねえけど、見る男はきもい」みたいな女子高生的発想かい?

♪そして〜2年の月日が流れ去り〜♪
♪街で小顔の女を見る度に、指に小顔ローラーを探すのさ♪
♪あなたを失ってから〜♪

2人目。「ピンクのワンピと膝小僧」

小倉から博多へ電車で移動中、一人の女性が私の正面に座りました。

歳は20歳ぐらい。すこしぽちゃっとした体で顔も幼さを残すが、化粧が濃い。

いや、むしろ厚い。白い。チークが薄紅だ〜。

ピンクのワンピースを着て春らしい装い。
オシャレ気の入りようからお出掛け気分がこっちにも伝わってきそうだわ。
いいと思う。

しかし、膝小僧。それにしても膝小僧。

膝小僧がこんにちわ。「あ、どうも」
これぐらいならどうでもいいんですが、その絆創膏はなんですか?

両ひざ合わせて計7枚の絆創膏。なんか事件?新しいファッション?

包帯フェチがいるように絆創膏フェチもいるのか?なんて事を思っていました。

電車は進みます。時刻は2時過ぎ。暑いです。

その娘はおもむろに鞄をごそごそやって、袋を取り出しました。
そして聞こえてきます。通称「お菓子サウンド」
お菓子を開ける時に聞こえるゴソゴソッというあの音。お菓子サウンドと呼んでます。社内でも学校でもこの音が聞こえると途端に羨ましい感が生まれます。

取り出したのはグミのような袋。一つまみして食べます。美味しそう。

次、お菓子サウンドと思いきやコンビニおにぎりが登場。
モグモグしてます。この小娘。まあ空いている車内なのでおにぎりぐらいOKでしょう。

次、ガサゴソとという音と共に現れたのはたこ焼き。
「え、たこ焼き?」という私の心境を知ってか知らずか、パクパクと食べ始めます。あっという間に平らげ、少し満足そうな顔。

次、プシュ!っという音と共にコーラ登場。グビグビっとやればこれまた美味しそう。

次、またグミ。どんだけ食うねん。

最初と最後をグミで締めるコースの構成には疑問が残るが、淡々と口へと運ぶ姿に私は釘付けになりました。

電車の中で一人でこんなに食ってる奴も珍しい。不思議な人だ。

博多駅でご飯に誘ったら、「お腹一杯なんでちょっと走ってきます」と言って断られました。


3人目。「マニアックなメソッドを研究する男」

これは黒崎駅付近の車内で私の前の席に座っていた男です。
4列シートなので、前の席の人の後姿が見えます。

とはいえ私は仕事中なので電車に乗りながらいろいろと調査をしていました。

おもむろに男は本を取り出す。ちらっとあるフレーズが目に入る。

カップラーメンオナニー・・・(一応自粛の気持ちを込めました)

男のたしなみ界の古典ともいえる言葉ですね。
古典であるがゆえに実在するかどうかも怪しい、少なくとも私はしたことないし、したっていう人も知らないです。
ホットドックプレスの夏休み前の企画で取り上げられてそうな感じです。

公共の場で男性がそんな本読んでるからもうこっちは気が気じゃない。
え、まさか古典派の人?クラシックスタイル?ってな気持ちです。

そもそもどんな本なんだ?

「おい!その本オレに見せろ!」
「なんだてめえ?興味あんのか!?」
「ったりめーだ!男だもんよ!」
「分かってんじゃねえか。やり方はこうだ、まずぬるま湯をだな・・・」

我ながら何を書いているのかさっぱり分からなくなってきました。
男同士なら色々と語り合えるのですが、女性も読めば他人も読むこのブログでそんな事細かく書けません。

お前こそ公共の場で何をしとるんだと言われそうですね。

以後気をつけます。