もうお尻がいてーよ。。。
長距離移動で痔になったら労災下りるのか・・・?
それにしても静岡は茶畑ばっかやな。。。

とか言いながらやっとこさついた東京は3時間ほどでおさらばして、
目指すは北陸、杜の都仙台であります。
東京駅からもっさり緑色した改札やらを抜け、聞き慣れない新幹線の名前「はやて」?「こまち」?「やまびこ」?に戸惑っていると仙台に行くらしい新幹線が到着。

おぉ、全車両2階建て。←結構感動

ミーハー感出しまくりで当然2階へ。
持ってる荷物は優に30kgは上回っていましたが、「歴史に名を刻め〜!お前等!」とスラムダンクの応援を口ずさみながら階段を上る。
螺旋階段で120度位回転するんですが、狭いよ!多分ジャスト80センチ。

そこからはひたすら北上北上。2時間弱で仙台〜。

とにもかくにもチャックインしてご飯へ。勿論1人で。
まあ、仙台と言えば牛タンな訳で、出張に来ると「飲まないとダメな気がする」シンドロームにかかる私は今宵のホットスポット探しをする事に。

店探しの条件:
・牛タンがある事
・いかにも観光客相手でない事
・一人で入れる雰囲気

探します。歩きます。駅ビルに行けば多分あるんだけどねえ。
負けた気分になるからヤダ。
とか言ってると、飢えてきますねさすがに。

このままでは「食いしん坊刑事 杜の都牛タン餓死事件」になってしまうので
、新しいコンセプトを立てました。

「昼間はカフェとして行った事があるけど、夜にお酒飲んだことない店に行ってみよう!」

まあ、行ったのはプロントなんだけどね・・・
まあ、コンセプトもプロントを見つけてから作ったけどね・・・

何が嬉しくて仙台でプロントに行くのかと聞かれれば、うっせえババア!と取り留めのない罵声を浴びせかける覚悟です。

結果としては。中々いいね夜のプロント。1人でもゆっくり飲めるし。料理もお酒もまあまあ。
道路に面したカウンターで飲んでると、1人、また1人と女性の1人客が私のカウンターへ。
最終的には女性、私、女性、女性という並びに。
「こ、これがプロントマジックか!仙台っていい所!」と快哉を叫びながら、「あちらのお客様からです」を妄想することに専念。うむ、成功率は66%でした。就活中の女性はガードが堅いという結論。

翌日は現場に行ったのですが、予定が大幅に遅れたため、急遽もう1泊する許可が得られました。とりあえず今日の内に東京に戻ろうと思い、その前にアイツを見てきました。仙台と言えばやっぱこれだろ!
info_01
伊達正宗像!

というのはきまぐれな私の下らない嘘で、本当はこっちです。
仙台メディアテーク。仙台でなんか見に行くっちゃこれでしょう。
DSC_4360


チューブの存在感がすごいんですね。ファサードのガラスなんか空に消え入りそうになってました。もう10年位経つんかな?全く古さを感じませんでした。

目の前に結構本数のあるバス停があるので、常にそこで人が待っているんですが、メディアテークの1階に置いてあるイスに座ってバスを待ってたりする人も結構いて、10年間で街に馴染んだんかなと思いました。
平日の16時ぐらいでしたがかなりの人がいて、映画やらパソコンやら結構好き勝手に楽しんでいる感じ。
柱がないのは当然ですが、チューブの周りを囲んで円形にベンチがあり、そこだけポカッとスペースが空くので、視線の抜けも清々しく感じました。

卒業設計日本一決定戦で行かれた方も当然ご覧になっている、というか会場ですが、普段のメディアテークを見ればまた印象も変わるんじゃないでしょうか?
そうそう行く事ないけどね。

仙台駅に着いて、またなんとやらの新幹線に飛び乗り、一路東京へ。
あ、一応牛タンと萩の月は買いました。

(お土産の「萩の月」は、山口県の萩市で某O嬢にお教えいただいた「月でひろった卵」をイメージして食べたら、なんか違ーう。あっちの方が美味しいと思いました。
ただ、今調べた所、松任谷由美が冷凍させた萩の月を絶賛しているらしい。早く言いなさいそれを。早速やってみます。)

東京の夜は高校時代の友人と八重洲で飲んでました。最近会社を辞めて、職を探しながらも同棲している彼女のヒモになってるそうで、従順なるヒモとは何ぞやを教わりました。
日本酒マイスターのいるおでん屋だったので、好物の2乗攻撃で相当飲み、吐かないことを条件にその奴のお宅へ。
鳥肌実のポストカードが飾ってあったのにただただ感動。お前の彼女はきっといい奴だ、とか思ってたら本人帰宅。
ビールの後にアリナミン飲んでた。東京という土地はそこまで人を疲弊させるのかい?ならオレはいいやとまた思う。

高層マンションから見る東京の風景は云々かんぬんと考えていたら、なにやら見たことのありそうな建物が。なんだったっけと思いながら就寝。

(後から調べた所、久米設計本社ビルでした。こんな所にあるのね。)

翌日はどしゃ降りの中、8時ぐらいの新幹線へエイヤッと飛び乗り、広島へ向かいました。でも途中で、上下線ともに停止・・・・

結局広島着は14時。会社行ったら15時。あと2時間で帰れる〜とはいきませんでしたが、とにかくケツがいてえよ。
広島-仙台って1200キロなのね。往復2400キロか。遠いね。

とまあこんな3日間を過ごしましたとさ。おわり!