久しぶり。

2週連続で友人の結婚式へ行ってきました。

どちらの結婚式も式、披露宴、二次会、三次会全てが素晴らしく、幸せいっぱい気分を味わわせて頂きました。

久々のブログはその事について書こうかなと思ったのですが、急遽内容を変更してお送り致します。

まあ、面白いものを見つけたので「自分がこれを面白いと思っている内に書く!」を信条としている私としては書かざるをえない。

スティール・ボール・ランの最終巻(これについても後日書かねば)を買いに行ったわけですよ。ツタヤに。

目当てのものをまんまと手に入れてレジへ向かう途中、目に入ってきた雑誌。

「孫の力」

え、そん?孫正義的な・・・?

否、「まご」!「まご」が正しい読み方。

「まごのちから」という雑誌があるのです、この世には。

キャッチフレーズは「誰もつくったことのない「まご」雑誌発刊!」。
ほ〜確かに〜盲点盲点♪

気になる中身。
特集「日本の孫を巡る旅」北海道から沖縄まで日本の孫300人が登場!

いや、それあんたの孫じゃないから。小さい子供はジイさんバアさん共通財産的な発想?
そんな特集ならあらゆる親族で組めるじゃないか。「日本の大叔父を巡る旅」とかね。

というかこの世に「孫じゃない人」なんているのか!という元も子もないツッコミもいれてみる。


その他のコンテンツ
・孫に贈りたいもの
近ごろの孫ってのはなにを喜ぶのか?両親の顔色を伺いつつも孫の心を鷲掴みにしたいジジババの執念。

・孫俳句入門
孫×俳句の威力を若造どもはまだ知らない。搾り出せ!ワシだけの17文字!

・孫写真&ビデオ入門
全てのデジタルツールは孫のためにある!孫を記録し、孫を保存。データ?いえ、孫です。

・孫のための定番常備アイテム
餌付けするためのお菓子?相手してもらうためのオモチャ?いつどこで孫と出くわしても大丈夫なように常に臨戦態勢であることが肝要。

・孫本世界一周
意味が分かりません。孫に関する書籍を世界中から探すってことか?きっと海外のはこんなに粘着質じゃないぞ。

・孫に愛される方法
まずはこの本に頼らないところから始めよう。

・孫とお地蔵さん
えっ???なんかもう分かんないです。。。


この世に蔓延る「孫」たちよ!今こそ立ち上がれ!孫の力を存分に示すのだ!

「孫の力」絶賛発売中!