録り溜めていたタモリ倶楽部を見てたら、6月ころにパンチラを科学した回があった。

パンチラ方程式なるものを計算することが趣旨で、要は階段などを登る時に階段の傾きとスカート丈から決して中が見られないようなスカート丈を計算するというものであった。
large

large2


それを見ていて、同じような事をネットか雑誌かで特集しているのを見たなあと思い出し、探してみた。
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1338200243987.html

これは建築基準法に則って設計された階段である限り、スカート丈を35cm以上にすれば絶対中身が見られることはないというものであった。

確かに両者の意見は一理はある。でも片手落ちである。肝心な要素が抜けている。
それは加速度である。

人は動くし、風も吹けば、生地も揺れる。様々な加速度を考慮しなくちゃならないんじゃないか?

言うなれば彼らの考察は静力学である。
静止状態ならばその理屈は成り立つであろうが、だからと言ってこの世の建築が静力学だけで計算されていたらとっくに東京は廃墟と化しているであろう。

動力学。これをきちんと計算の考慮に入れなさいと言いたい。

要素を簡単にするならば、対象人物の加速度の周期とそれに呼応するスカートの生地の振動周期、そして生地の単位面積当りの質量も必要。プリーツのあるなしも関わってくるかも。

くだらないことを真面目に検討するのは面白いけど、テレビとかでやるなら徹底的にやってもらたほうが楽しいのにね。中途半端にやられても、見ていてなんだかなあ感がすごい。

というわけで次回の特集に期待。

ちなみにタモリ倶楽部の同じ回では歩く時に胸の揺れを如何に抑えるかという検証をやっていて、胸の固有振動数を求めてそれに合わせて歩行速度を合わせるというようなことをやっていました。
こっちでは加速度とか計算してるじゃないか。

真面目にやれ!