男性にとってエロはファンタジーの要素が大きいです。

10代でその意味が分からずとも、分別ある大人の男性になるに従い、ファンタジーとそうでない部分の切り替えと線引を心得るようになります。

そして意外とリアルな部分というのはファンタジーというスケープゴートにより表に出てこない事が多いのです。

ところが、女性はどうやら違うようだというのが私の考えです。

もちろんファンタジーの領域はあるにはあるのですが、どちらかと言えば現実的。

言い換えると生々しさが寄り添っているような。

それでいて妙にポジティブで、ポップな印象すら受けることもあります。

そう、秘めたると言うよりはオープンスタンスの方が現代的な女性なのではという価値観が徐々に刷り込まれて(もしくは刷り込ませようと)いっているような感すら受けます。

婦人公論別冊快楽白書然りananの夏の恒例sex特集然り。
さらに女性誌に目を通せば、隙あらば性に関する話題を放り込んでくるわけです。それも日常に。

例えば今月のグラマラスの表紙。
main_visual

左下にいますね。
「自分の欲望にもっと素直に やっぱりセックスって楽しい!」

なんでこんなにポップでポジティブでいられる訳?
エロ=ファンタジーを信条とする私としてはどうも疑問を抱かずにはいられない。

週刊SPAなんてこんなんよ?
n130618

「恥じらいエロス考現学!」
とか
「死ぬまでセックスブームを大検証!」

ほんとね。心底どうでもいいし、ファンタジーっていうか妄想の世界ね。

まあこれはおっさんが読む雑誌だけど、若い男性向けの雑誌にもエロ特集はなかなか出てこない。
メンズノンノとかに「自分の欲望にもっと素直に やっぱりセックスって楽しい!」ってあったらおかしいから。

すごく不思議なわけですよ。


そこでこのサイトですよ。
「アム」 http://am-our.com/

今私が最も注目する問題サイト。
もうね今月の特集すごいよ。パリとかじゃない。

6月は出会い特集「出会いがないのは、あなたのせい」

出会いのチャンスとかものにするとかじゃない。まずはお前。お前自身の見直しから始めるべき!っつってんの。
もはや出会い特集じゃなくて、今月は自己分析に充てますって感じ。

攻めてるね。

私なんか一生出せないような概念とか名言が随所にあるわけ。

「奥深き四十八手の世界。ただ繋がってるのはもったいない!」
四十八手すら貪欲に攻めてくる。男の雑誌でも昔見たことあるけど、それは言ってみれば彼女にいろいろさせようっていう魂胆なんだけど捉え方が違うもん。

もったいない!

MOTTAINAI!

そう来たかって。
さらに、「ただ繋がってる」っていう概念ね。斬新過ぎて言葉も出ない。

言える?そこの女子?
「ねえ、ただ繋がってるだけじゃもったいなくない?」って。言えれば貴女もアム系女子。


もうこのサイトはオールコートで攻めまくりなので、どこから突っ込もうかって感じなのですが、
例えばここ
キーワードは「準備」。まあ、セックスに対する準備の話ね。

名言続出だから気をつけて。

 柔軟性、血行、筋力は、健康的であるほど、セックスも楽しめるのは事実。
よりよいセックスを求めるなら、「日常生活は壮大な前戯」と意識して。

 そして感度を高めるためには、イメージトレーニングも大事。
(中略)セックス開始と同時に軽やかにスタートダッシュが切れます。


私の友人の素敵ビッチの中には、、、

今この瞬間すら壮大な前戯の一部なのかと、スタートダッシュってなんぞやと、そして素敵ビッチという全く新しい概念。

唐突に言われてもね。素敵ビッチに反応できない。


あと最後に引用するんだけど、もう自分でもなにやってるかよくわかってないからね。
オレはどこまで許されているのかって自問自答よ。

もっぱらエロ=ファンタジー路線でやってきた私ですけど生々しさに関しちゃド素人なわけで。引用したくても躊躇するようなこともあるんですよ
でもね。面白いの。なんとか笑いに昇華できた。リアルなまま受け取ること、ここに記すことは難しいけどファンタジーとしてなら出来るかもと思った。
というわけで最後に爆笑したところを引用してもう寝ます。

あると便利なのは、ウェットティッシュ。
シャワーが浴びれない時に自分のデリケートゾーンを洗浄したり、セックス後のペニスのティッシュのこびりつきをササッと拭き取ることもできます。
男性がティッシュのこびりつきに苦戦する姿は愛らしいですが、ちょっと間抜けなので、さりげなくウェットティッシュを差し出してあげて。




こびりついたティッシュの話を日常に持ち出すな!それに苦戦などしていない!
ん?持ちだしたのはオレか?

なにか狂ってると思います。

私はファンタジーで十分です。