・AM(アム)はやはり誰からも愛されるサイトである

突っ込みどころが多すぎて、どの記事について言及するかでその人のなんたるかがきっと垣間見える。

というかアムについて正面切って語りだすと自らの性生活や性癖について吐露する羽目になるので自然と牽制する心理が働くのでは。面白い。

AMによると男が好む女性の下着の色はパステルカラーらしいのだけれど、その理由は。。。
書けない。私でも書けない。酷すぎて。

多分、AMはシュールレアリスムなんだよ。リアル路線を突き進めた結果、とんでもない超現実的な概念が浸透してしまったんだな。
妙に飲み会中に納得した気がする。

・桐島について遂に語る場を持てたことが本当に嬉しい。

見てない人は本当にポカン状態なんだけど、それは映画を見てないからなのはもちろんな上に、こんなに周りが熱っぽく語りだす映画が他にないからじゃないでしょうか。
「なんなのこの熱気は」っていう感じ。「あの吹奏楽部の〜」とか「あのバレー部のサブが〜」とか。

まさにカルト映画なんだろうね。

突き詰めて話していくと、ストーリー性とかじゃなくて「オレの桐島的体験談」を聞いてくれ!って多分なる。私は以前トラウマ発掘型って書いたけどそれは私個人であって、逆にあぁいう感じに憧れてしまった人もいると思う。
そして我々にとって全ては過ぎ去った過去の物語なのも少し寂しい。

もし、今から見る人がいるとしたら、あの場でまだ見ていなかったことをきっと後悔するね。
「語りてー」って。

・35歳の夏は一度きり・・・だ♡か♡ら
 この夏やりたいこと全部! byDOMANI


これは当たり前。当たり前のことをさも鬼の首を取ったように得意満面にお伝えしてくれるのはやはりDOMANIクオリティ。
以前、「孫の力」(力って改めてなんだ?)という雑誌で「全国の孫を巡る旅」という企画があって、それは全人類すべてに当てはまるからねって突っ込んだことがあるけどそれとは近いようで関係ない話。

まあ、それは置いといて。

一番気になったのがこのコーナー。
「2013年夏、やりたいことリストAtoZ」

よくあるAtoZですね。最近ではAMもそんな特集をやっています。

ちょっとね。ページを捲った瞬間にね。もうコンビニで本当に笑ってしまったのですよ。
割合まともな感じなんだけど、Aがどう考えてもおかしいの。
D辺りから下がっていくと、

D:デトックス!

C:キャンプ!

B:バーベキュー!

いいですよね。すごくいい。なんか今日は素敵だってなもんです。
ところが。

A:尼崎のゆるキャラちっちゃいおっさんに会いに行く!

main

え!?どういうこと?って。なるよね。

いや、これ・・・・・なに?って。
あ、そういう感じ今日?っていうかどういう感じ?みたいな。そういうAtoZ?

と思ってたらB,C,D・・・は普通。

Aだけどう考えても常軌を逸してる。本当に意味が分からん。


ちなみに私の中で今グイグイ来てるのは
DOMANI、OGGI、そしてCLASSYです。


・終活雑誌遂に創刊!その名も「ソナエ」
_SL500_AA300_

遂に出たらしい如何にして人生を終わらせていくかを考える雑誌。

そう、雑誌なのです。本ならまだ分かるし実際多い。なぜに連載に踏み切ったのか。

そして表紙は壇蜜。

壇蜜の壇は仏壇の壇。
蜜はお供えものという意味。(本人壇)

葬儀関係の専門学校?に通っていたらしく、性と生と死は彼女にとって大きなテーマなんだとか。

「ソナエ」の表紙を飾るにふさわしい方なのです。

次号の表紙は誰でしょう。気になるところです。