2013年の映画記録です。

今年も早くも11月。映画鑑賞数が遂に100本に達しました!
最初のペースから見れば若干ダウン気味ですが、それは実生活との兼ね合いによりいたし方がなく、むしろどれだけ暇人だったのかと思う次第ですね。

まったく意識していなかった訳ですが、記念すべき100本目はなぜかエイリアン2!

もちろん99本目はエイリアン。そして10月はこの2本だけ!どうしたオレ!?

まあシガニー・ウィーバー姉貴がかっこいいわけですよ。今月語ることはそれしかないわけで。
ちなみにエイリアンシリーズは計4作あるわけですが、監督が結構すごいのですよ。

エイリアン  リドリー・スコット
エイリアン2 ジェームズ・キャメロン
エイリアン3 デヴィッド・フィンチャー
エイリアン4 ジャン=ピエール・ジュネ

主演はもちろんずべてシガニー・ウィーバーですね。
最近ですと宇宙人ポールとかキャビンなんかで最後の親玉として出てきますよね。

おっとキャビンの話題はデリケートなのだった。レンタル開始したから是非ていうか絶対見てね。

99.エイリアン(1979)
エイリアン

泣く子も黙ると噂のエイリアンですね。私生まれて初めてのエイリアン体験です。
「有名なシリーズを制覇するシリーズ」一環として今回はエイリアンにしてみました。

シガニー・ウィーバー演じるリプリーさんが超かっこいい。リプリー姐さん!って感じでどこまでも正しいことを言っていて、行動力も勇気も冷静な判断力もあって、本当に頼りになる。

宇宙船の中が舞台で、密室感と機械やら配管の多い薄暗い部屋、そして蒸気・湿気のヌメッとした感じが相まって、エイリアン出現の前の緊張感はなかなかのものです。

ただ、やたらと猫が迷子になって、そいつを探しに行くとエイリアンがいるというパターンが幾度かあって、この猫が怪しいと私は睨むもなんの意味もありませんでした。えへ。

☆☆☆

100.エイリアン2(1986)
エイリアン2

続いてエイリアン2です。2013年の映画記念すべき100本目がまさかエイリアン2とは思っても見なかった。忘れられない一本ですね。

リプリーさんは前回のエイリアン退治を無事?終えたものの漂流する宇宙船を誰にも見つけてもらえず仮眠状態が続くこと57年。ようやく人間に拾ってもらいました。
なのにエイリアンの存在をだれも信じないわ、緊急事態でやった宇宙船爆破の罪を問われるわもう大変。そんな時に開拓地の星が音信不通に。リプリー行ってくれる?

というわけで再びリプリーさんはエイリアン退治に出向くのです。

ここで出てくる女の子がかわいいね。すごくかわいい。ニュートちゃんね。

まあ今回はエイリアン描写もしっかりしてたし女王エイリアンも出てきたし、最後はメカvsエイリアンの熱い戦いもあったので非常に満足。あと合成人間のビショップが超いいヤツで泣けてくる。ちょっとドラゴンボールの16号を思い出した。

☆☆☆☆